英語表現(~してもらえますか?)

Emailでは依頼するケースが多々あります。今回は見積もりを依頼するケースを例にあげて紹介いたします。

Can youとCould you

「~してもらえますか?」の表現には、たとえばcan you….?というフレーズがあります。

Can you send me an estimate for the repair?

(修理にかかる見積りを送ってもらえますか?

canより丁寧な表現として、could you…?があります。

返答例としては以下があります。

Sure, I will send you later.

(はい、後ほど送ります。)

Sureは「もちろん、いいですよ。」という意味です。慣れないとなかなか出てこないwordです・・。

Can youとWill you

Can youもWill youどちらも「~してもらえますか?」という意味です。

違いは前者が「することは可能か?」に対して、後者が「する意志があるか?」というニュアンスがあるかどうかです。

Can you send me an estimate for the repair?

(修理にかかる見積りを送ってもらえますか?)←(能力、時間など物理的に)可能ですか?

Will you send me an estimate for the repair?

(修理にかかる見積りを送ってもらえますか?)←(能力、時間など物理的に可能な上で)意志はありますか?

イメージとしては、たとえば、、、

外部の会社に見積もりをお願いするときは、can youは対応可能ですか?の意味で使用します。

一方、同じ会社の人で、対応可能だと分かった上でお願いする場合は、will youになります。

(補足)「見積もり」の表現

上記の例文でestimateを「見積もり」と訳していますが、quotationにも「見積もり」という意味があります。違いは以下のとおりです。

estimate:概算の見積もり

quotation:正確な見積もり

かなり意味が違いますね。quotationは例えば、最終見積もりの段階で提供してもらうイメージですね。ちなみに、quotationは「引用」の意味もあります。契約時にトラブルがあった場合、quotationという「引用」できる「正確な見積もり」が必要になる、、、というイメージですね。