英語リーディングを伸ばすコツ(TOEIC900突破)

今回は、英語のリーディングを伸ばすコツについてです。

「TOEICのリーディングパートが時間内に解けない」「長文が分からない」など、いろいろ悩みはあると思います。

というわけで、どうやったら英語が早く、正確に読めるようになるのかを書いていきます。

単語

当然ですが、単語が分からなければ、読めなければ理解できません。

以前、私は英語、日本語が記載されている単語集を使ったことがあります。たとえば、

英語:consider

と書かれていて、裏面に

日本語:よく考える

といった感じで説明されている単語集です。

このような内容を本がボロボロになるくらいに読み込んで、暗記しました。大方は答えられる程度に覚えましたが、長文になるととたんに理解できません(泣)

なぜか?それは文章になると、単語がどう使われているのか理解できなくなるからです。

例文(4択のテスト)で覚える

私のおすすめは、例文に加え、4択テストで覚える方法です。

まず、推薦したい書籍は以下のとおりです。

700点を目指すため用

神崎正哉のTOEIC TEST ぜったい英単語 CD付き【改訂版】


神崎正哉のTOEIC TEST ぜったい英単語 CD付き【改訂版】

例文はまるごと覚えましょう。

そうすることで、生きた英語をまるごと覚えられ、長文で出題されたときにスーッと意味が理解できるはずです。

この本の特に良いところは、例文はもちろん「TOEICによく出る単語を実際のテスト形式で掲載している」点です。

なぜ良いかというと、「記憶に定着できる」のと「飽きない」からです。

問題を間違えると「え?なんで?」となって、次は間違えないぞ、という刺激になり、記憶にも残りやすいです。

また、クイズ形式だと面白く、長続きします。モチベーションを持続させるのも非常に重要です。

800,900点を目指すため用

TOEIC用ではありませんが、高みを目指す人には英検準一級用の単語問題もおすすめです。

私はTOEICを受験中に英検準一級も取得しましたが、この時に勉強した単語がTOEICで800,900点を獲得するのに、非常に役に立ちました。

たとえば、英検準一級によく出る単語にdeteriorate「悪化する」がありますが、TOEICでもよく見かける単語です。TOEICに出る単語の大部分は易しいレベルですが、高得点を目指すにはdeteriorateのような高レベルのものも覚える必要があります。

英検準一級とTOEICはリンクする部分が少なくないため、ターゲットを絞って、効率的に学習するには良い材料だと思います。


英検準1級語彙イディオム問題500 文部科学省後援 (英研分野別ターゲット) [ 旺文社 ]


出る順で最短合格! 英検準1級 語彙問題完全制覇

長文

私は、文法や構文の理解が不十分なために、読んでみたけど意味が掴めなかったということが多々ありました。

考えてみれば、長文と言っても、所詮はセンテンス(文)の集まりです。しかし、センテンスが個々の単語や構文で成り立っていることを考えると、やはり無視できない存在なのです。

では、1から文法のテキストをやり直す必要があるのか?

それもアリだと思いますが、私は異なる方法を実施しました。(私には、文法のテキストをひたすらやるのは退屈だったので。)

それは、英作文(和文英訳)です。

たとえば、こんな2文があります。

It would be appreciated if you could make the payment within the next 3 days. Otherwise, your account will be closed as of the end of March.

(3日以内に、お支払いいただければ幸いです。お支払いいただけない場合は、3月末付けで口座を解約させていただきます。)

ここでキーになるポイントは、

would be appreciated if you couldという構文

Otherwiseという単語

です。

幸いです。のイメージは「would be appreciated if you could」で覚えます。

難しいのは、Otherwiseです。単語集では、「さもなければ」という意味で説明されていますが、分かるようで分からない意味です(笑)

しかし、2文で使われると、つながりが分かりやすいですね。ここでは「さもなければ」が「お支払いいただけない場合は」となっており、意味がスーッと入ります。

こんな感じで、文章そして長文ベースで考えると生きた、有機的な英語が身に付きます。単語の単位で覚えていては、解釈できないわけです。

前述のとおり、例文まるごと覚えるのがベストです。和文を基に、英文を書きだすのが良いです。

ただ、はじめは大変だと思います。まずは気に入ったり、覚えたい文章をピックアップして、短いものから始めるのも良いです。

まとめ

まずは、単語。でも、有機的に飽きずにやることが大事。

4択のテストを行い、例文はまるごと覚える勢いでやるのが良い。

そして、長文は英文解釈をした後に、英作文(和文英訳)できっちり覚えることです。

これを継続すれば、自ずと「英語が早く、正確に読めるよう」になるはずです!!

以上、「英語リーディングを伸ばすコツ」でした。