サラリーマンが独学でTOEIC900点を突破したのでまとめます。(600点獲得まで)

一介のサラリーマンが留学経験もなく、専攻も語学とは異なる私がTOEICで925点を獲得するまでの経緯、勉強法などを書いていきます。

英語を学習している方はたくさんいらっしゃいます。

中には壁にぶち当たる方もいます。私もそうでした。苦悩もありました。

しかし、TOEICのスコア獲得に才能は要りません。

持続学習と少しのコツさえ分かれば、効率よく上達できます。これまでの経緯を説明しながら、スコア獲得に必要なことをシェアできればと考えています。

私の経験が、参考になれば嬉しいです。

ちなみに、なぜ英語を勉強し始めたか?なぜTOEICで高得点を狙っていたのか?についてですが、理由は英語を使った仕事、具体的にはコンピューター関連の翻訳をやりたかったからです。会社生活に追われ日々疲弊していく中、自宅で自分のペースで仕事をしたいと考えていたからです。

翻訳の仕事をするには、まず英語力を鍛える必要があり、ペースメーカーとしてTOEICを選びました。

初めてのTOEIC

スタートは550点。社会人1年目でした。

スコア結果の内訳は

リーディング:360点

リスニング:190点

です。

大学受験時の貯金や、当時アメリカの音楽雑誌を辞書片手に読んでいた(半分以上分からない単語だったので理解していたかは謎)ので、リーディングはまずまず。しかし、

リスニングがボロボロ。

実際にテストでリスニングが始まっても、頭に入ってこない。

「まるでお経のようだ。。うーむ、困った。。」

語彙力増強

まずは730点を獲得するべく勉強をしました。パート5、6の語彙、パート7の長文読解を中心にすすめました。

その語彙ですが、覚えるのが大変です。

覚えてもすぐ忘れて定着しない私が採用したのが、語源で覚える方法です。

たとえば、permitという単語。TOEICでよく出ます。

これを分解すると、、、

per-(完全に)+mit(送る、解放する)->「完全に開け放つこと」-> 「許可する」

になります。

mitが付く単語は他にemitという単語があります。同様に語源で考えると、、

e(ex)-(外へ)+mit(送る、放つ)->「外へ放つこと」->「放射する」

という具合に理屈で分かって、後で思い出しやすいです。

分からない単語を当時は辞書で引きながら、語源をテキストの余白に書き込んでいました。

語彙・文法の増強を中心に勉強を進めながら、何回か本テストを受験しました。勉強の甲斐があって2か月後に受けたテストで600点台に突入しました。

しかし、ここから1年程600点前半をウロウロする停滞期が続いたのです・・。ある時は、500点後半に落ちることもありました(;O;)。

つづき>>>700点獲得まで