電力会社を変えてみました(節約)

動機

電力会社を変えようと思ったきっかけは、ここ1年ほどの間に家の電気料金が劇的に上がったことです。

要因は、おそらくオーディオにあると。。

やはりアンプ、PC2台、NASを追加で購入していることが大きいです。

オーディオって、電気代かかるんですね。。

そこで、2016年から始まった電力自由化を思い出し、実際にLPIO(エルピオ)という会社を変えて実際の料金を比較してみました。

2か月が経ってどうなったか?

9,10月の電気料金の比較です。

我が家は40Aの契約です。

消費ワット数が異なるので、対比が分かりにくいですが、前年度比は以下のとおりです。

LPIO(平成30)東京電力(平成29)
kWh金額kWh金額
9月43011,1603429,262
10月3318,6423228,661

9月の場合

東京電力が342kWhで9,262円だったのに対して、LPIOは430kWhで11,160円でした。

単純に東京電力が仮に27円/kWhだったとして、430kWhを使った場合、およそ11,645円になります。

485円ほどお得です。ただ、厳密には計算方法が異なります。後述の料金体系をご覧ください。

料金体系

電気代は3段階料金制なので、上述の計算方法は適切ではありません。

東京電力

第1段階:19円43銭

第2段階:25円91銭(120kWh以上)

第3段階:29円93銭(300kWh以上)

LPIO(スタンダードSプラン)

第1段階:18円50銭

第2段階:22円62銭(120kWh以上)

第3段階:25円31銭(300kWh以上)

ご覧のとおり、単価はLPIOのほうが安いです。

しかも、消費電力が高いほど、より単価が下がるので、多く使っているご家庭は乗り換えしないと損です。

(300kWh以上は4円もお得なのです。)

上述の430kWhを消費した場合、300kWh以上使用しているので、485円以上にお得だったことが分かります。

申し込み

難しくないです。

ネットで申し込めばOK。簡単です。

工事も不要です。

https://lpio.jp/

まとめ

私はLPIOに変えて正解でした。

なお、9,10月は比較的消費電力が低いので、冬場の消費ワット数が高いときはさらにお得感があると思います。

以上、「電力会社を変えてみました(節約)」でした。

ご覧いただき、ありがとうございました。