フルテック THE ASTORIAレビュー

きっかけ

実は、オーディオグレードの電源ケーブルは1本しか所有してなかったのです。

Zonotoneの1本のみです。

電源ケーブルで音が変わるのは体験済みなので、試してみたいという欲が出て。。

予算は2万円ぐらい。

その範囲内で、中低域に強いという謳い文句に魅かれたのが、フルテックのTHE ASTORIAでした。

開梱

銅メッキ加工です。

ケーブルはものすごく太いです。

上がDACに付属されたケーブル。

下がAstoriaです。

3倍ほどの太さです。

外来のノイズをカットしてくれます。

電源タップに挿します。

まずはプリメインアンプに装着。

かっちりハマりました。

音質

解像度が高く、非常に鮮度が高い音が出ます。

ただ、力強さで言えば、Zonotoneのほうに軍配が上がります。

聴くジャンルによりますが、私はロックやジャズが多いので、ややパンチが感じが足りない印象です。

そこで、DAC Sabaj D5に付け換えたところプリメインの時よりも、瑞々しさが増し、レンジも広がり、DACの実力がより発揮できました!

プリメインには、そのままZonotoneを使っているので、力感はそのままです。

付属のケーブルとは解像度が段違いに違います。

ここまで繊細な音に変わるとは。

とにかく粒度が高いです。

DDCの電源ケーブルもAstoriaにしようか迷っています。

以上、「フルテック THE ASTORIAレビュー」でした。