バイワイヤリングの効果

ずっと気になっていたバイワイヤリング接続をやってみました。

2017年に購入したスピーカーOpticon6とプリメインアンプPMA-1600ne。

どちらもバイワイヤリング用のターミナルが付いています。

設置した当時は、バイワイヤリングどころかシングルワイヤリング接続でさえ、接続に苦労していました。(慣れない被覆剥きには時間がかかりました。。)

余裕が出てきた最近、効果を試したい衝動にかられ、ついにトライしてみました。

バイワイヤリングした目的

これまで接続していた上部のターミナルは、スピーカーの内部ネットワークの高音域です。

今回これに加えて、内部ネットワークの低音域(下部のターミナル)に接続します。

より低域の量感が欲しいと願っていた私には、試さない手はないと考えたためです。

スピーカーケーブルの購入と費用

まずはスピーカーケーブルの追加購入です。

メーカーはZONOTONE。型番は 6NSP-Granster 2200αです。

非常に気にいっているケーブルです。

解像度が高く、情報量も多いです。

興味本位で違う種類に変更することも考えましたが、シングルと異なるケーブルを使った場合、音色に影響が出ると考えたので、既に使っていたZONOTONEを使っていた6NSP-Granster 2200αを1.5m分購入しました。

値段は

2,250円 × 2本 = 4,500円

でした。

ちなみに、ケーブルが厚いので、被覆剥きが大変でした・・。(スピーカー設置時に比べれば少し慣れましたが。。)

私ははさみとニッパーを使いながら被覆剥きをしました。

時間がかかりましたが、やはりケーブルが太い分、ノイズ対策の効果は絶大です。


【〜8/29(水)9:59まで最大23倍】ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α(1M) スピーカーケーブル(1m単位で切り売り可能です) ゾノトーン


ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α/m 切売

バイワイヤリングの接続

さあ、いよいよバイワヤリングの接続です。

アンプ Denon PMA 1600ne

プラスマイナスは表示のとおりになります。スピーカー側で間違わないように、スマホで写真を撮っておくと良いです。

スピーカー DALI OPTICON 6

赤がプラス、シルバー(色なし?)はマイナス

アンプではプラス = 赤線だったので、写真を見ながらターミナルに接続しました。

(追記)ジャンパープレートは外しました。


DALI スピーカー OPTICON6 MH [ウォールナット 単品]


DALI スピーカー OPTICON6 B [ブラック 単品]

効果

予想どおり効果はありましたが、驚いたのは、私の予想とは少し異なる印象があった点です。

低域の量感が出てくるを期待していましたが、むしろ中高域含めて量感が多く出ていました。嬉しい誤算です。

低域の向上が全体の底上げになったと考えています。

また、より広がりのある響きになりました。

ボーカルや楽器の音がほどよく伸びます。

残響音が気持ち良いです。

バイワイヤリング用のターミナルが付いているスピーカーをお持ちの方はおススメです。

ケーブル代が4,500円だったことを考えると非常にコスパの良い改善でした。

なお、Opticon 6のレビューはこちら

以上、「バイワイヤリングの効果」でした!

(追記)

ブログを読んでいた方からご教示があり、ジャンパープレートを外しました。

その結果、高音と低音が見事に分離して、よりメリハリのきいた音に変化しました。

ジャンパープレートが付いたままだったので、ワイヤーを分けても予想に反して低音が思ったほど出てこなかった理由が分かりました。

お恥ずかしい限りですが、いただいたコメントのおかげで激変しました!

本当にブログやっていて良かったと思いました。

いやしかし、高音はより粒度が高くなり、課題だった低音も十分に鳴っています!!いろいろな音源を聴いていますが、どれも良い方向に変わっています。

(追記2)

バイワヤリングに加え、プラグも交換しました。さらなる音の変化に驚きです。

スパイクインシュレーター効果大です。

アモルメットコアでさらに高音質に!


【〜8/29(水)9:59まで最大23倍】ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α(1M) スピーカーケーブル(1m単位で切り売り可能です) ゾノトーン


ZONOTONE 6NSP-Granster 2200α/m 切売

コメント

  1. 灯火 より:

    はじめまして。
    私もOpticon6で音楽を楽しんでいます。
    高音から低音までバランスよく、それでいて豊かに聞こえるので素晴らしいスピーカーですよね。
    さて、バイワイヤリング接続をされていますが、高音部と低音部を繋いでいるブリッジ
    (記事内の画像では上部と下部を繋いでいる金色のバー)
    を外すと高音部と低音部が独立するのでそれぞれの解像度も上がって聞こえますよ。
    ブリッジを繋いでいるとバランスがとれて聞こえるので、お好みの方を試すこともできます。

    • msk より:

      灯火さん
      はじめまして。コメントありがとうございます!
      Opticon6ユーザーの方とは!
      このスピーカーは高域から低域までバランス良く鳴りますよね。
      私は特に、解像度の高さが気に入っています。
      また、ブリッジの件もありがとうございます。
      高音部と低音部が独立して、メリハリが利きそうですね。
      非常に有益な情報です。試してみたいと思います!

    • msk より:

      灯火さん
      昨夜にジャンパープレートを外して、聴いてみました。
      高音と低音の分離がよりはっきりしました!
      勉強になります。
      ブログに追記させて頂きます。
      改めてありがとうございました。