【サイバーシャフト】マスタークロックジェネレーター(レビューその2)

先日、サイバーシャフトの超高精度OCXO 10MHzマスタークロック Platinumを購入したことをブログで書きました。

説明書には30日間の通電で特性が最大になると記載されていました。

なんでもOCXOは。オーブン温度が60度から70度の高温で制御されているそうな。安定するのに、時間がかかるとのことです。

で、一か月経って実際どうっだたか?

結果

時間を経つにつれ、効果がはっきりしてきます。

DDCでクロックを内部・外部に切り替えられるので、比較試聴していますが、内部クロックは音がにじんで聴こえます。一方、外部クロックに変えると音の芯がくっきりします。一瞬、音場が少し狭くなったように錯覚しますが、音のブレがなくなったことによる効果だと思います。

ちなみに、サイバーシャフトのクロックには、試験成績表が付属しています。電源投入して72時間以降の測定値で、基準に達しているかきちんと評価されています。

Platiumの位相雑音は、1Hzで合格点は-109dBc/Hzです。私のクロックは110.5dBc/Hzでした。

アース接続

本体にはGND電位切り替えスイッチが付いています。

興味本位で仮想アースを接続してみました。

結果的に、違いは感じられませんでした・・。

なので、筐体GNDに戻しました。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました