お気に入りのアーティスト

私はジャンル問わず何でも聴く方です。

その中でもリピートで聴くものを挙げていきます。

何年も聴いていますが、飽きないです。

Beck

Beckといえば1stのLoserで有名です。

昔からCDを持っていたのですが、良さが分からず放置していました。

しかし、ひょんなことからGueroというアルバムを聴いて、一気に引き込まれたのです。

基本はロックですが、ジャンルとしては何でもありです。

アルバムのColorsもおすすめです。

ベック 「Dear Life」 リリック・ビデオ

Dear Life

曲もさることながら、映像のセンスが素晴らしいです。

ベック 「アップ・オール・ナイト x DAOKO」セッション映像

UP ALL NIGHT

日本人アーティストDAOKOとのコラボ。

ビックリでした。

ギターのリズムがカッコいい。

 

中でも一番のお気に入りのアルバムはMUTATIONS(突然変異)。

一聴しておとなしめですが、カントリー、ボサノバなどごった煮のアルバムです。

聴くほど良さが分かります。

静かな中にも、激しさの動も混在している。

デジタルカントリーなのかな。

ハイレゾ(192 KHrz/24 Bit)も購入し、毎日リピートです。

Tropicalia
Beck – Nobody's Fault But My Own

細野晴臣

YMOも好きです。

が、ソロの特にトピカル三部作は特にお気に入りです。

トロピカルダンディーの音の透明感と南国の雰囲気。

Haruomi Hosono - Tropical Dandy - 08 三時の子守唄 (Sanji No Komoriuta)
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリ...

この透明感をより引き出すために、オーディオの探求をしていると言っても過言ではありません。ちょっと大げさですが。でも、DACを買い替えたりするときは、このアルバムもオーディオチェックの一つです。

Golliraz

Blurのデーモン・アルバーンとコミック・アーティストのジェイミー・ヒューレットによる仮想バンドです。

私はBlurは好きで良く聴いていますが、Gollirazは正直片手間で作ったのかなという感じがして敬遠していました。

が、実際に聴いてみると、心配は杞憂に終わりました。

Rock、Hip Hop、エレクトロニカ、何でもあり。

ノリが良くて、耳に残る曲ばかりです。

音作りが緻密で、意外とオーディオ的にも楽しませてくれます。

Gorillaz – 19-2000 (Official Video)

19-2000

歌詞のGet the cool shoeshine(かっこいい靴磨きをくれ)

は意味が分かりません(笑)が、耳に残るフレーズです。

Gorillaz – Clint Eastwood (Official Video)

Clint Eastwood

イントロからかっこいいです。

Gorillaz – DARE (Official Video)

DAREも隠れた名曲です。

ノリが良い!!

あー、Blurの新譜早くでないかな・・。

Thundercat

アルバムのDrunkが評判良かったので聴いてみましたが、大当たりでした。

ジャケットは怖いですが、、中身はメロウな曲が多いです。

参加アーティストが豪華で、マイケルマクドナルドも入っているようです。

BGMとしてもおすすめです。

Thundercat – Drunk (2017) Full Album







コメント

タイトルとURLをコピーしました