【ポタアン】Fiio A1レビュー

3年ほど愛用しているポタアン(ポータブルアンプ)Fiio A1のレビューです。

購入のきっかけ

SONYのPHA-1Aを使っていたのですが、大きいためかさばります。。

荷物が少ないときはPHA-1A、多いときはもう少し小さいポタアンが欲しくなったのです。

ただ当時は総じてポタアンは大きい。(今は小さいものもありますね。)

そんな中、Fiio A1が小さく携帯に便利そう。ってことで購入したのです。

外観

前面の写真です。

使い込んでいるので、若干汚れが。。すみません。。

背面。

クリップが付いています。

左が電源ボタン。

中央がボリュームです。

ここでボリュームが変えられるのは便利です。

クリップは取り外し可能です。

スマホやプレーヤーとバンドなどで、くっつけたい人には良いかもしれません。

大きさです。

一般的なUSBメモリより高さは低く、厚みは同じぐらいです。

とても軽いです。

音質

PHA-1Aに比べると、やはり解像度と言う点では下がります。

音の余韻もPHA-1Aのほうが上です。

しかし、低域は気持ち良く押し上げてくれます。

音の迫力に変化が出ます。

アリとナシでは全然違います。

コスパは良いと思います。

私はインピーダンスが高いイヤホンを使っていますが、問題なく鳴っています。

ちなみに、別途FiiO L16という3.5mm-3.5mmケーブルを追加購入しましたが、音質は上がりました。

私は旅行などで落ち着いて聞きたいときはPHA-1Aを、通勤時にはFiiO A1といった感じで使い分けています。

携帯性を重視しつつ、音質を上げたい人にはオススメです。

以上、「Fiio A1レビュー」でした。