オーディオという趣味

ひょんなことから始まった、この趣味。
正直なところ、こんなにのめりこむとは想像できませんでした。
(私がハマった経緯の詳細は、こちらをごらんください。)

今回は1年の振り返りと、この趣味についてのこだわり(思い)を語ります。

のめり込んで1年

この1年は、ざっくり以下のような感じで少しずつ機器やソフトを揃えたり、アクセサリー類を導入したり、自作も試みるようになりました。

  • 2017.08 スピーカーとアンプを購入
  • 2017.09 同軸デジタルケーブル接続のため、PCIeのオーディオボードを購入
  • 2017.10 JPLAYを購入、インストール
  • 2017.11 USBアイソレーターを購入
  • 2017.12 Audio PCのためLIVA Zを購入
  • 2018.01 オーディオ用電源タップを購入
  • 2018.02 拡散材、吸音材などのルームチューニングを購入
  • 2018.03 オーディオ用LANケーブルを購入
  • 2018.04 CDやハイレゾ音源を買い漁る
  • 2018.05 USB/LANターミネーターなどを自作
  • 2018.06 NASを購入

他にも細々とアクセサリー類を購入したり、ソフトウェアを導入しましたが、大まかにはこんな感じかなあと思います。

上級者の方に比べれば、まだまだお恥ずかしいレベルですが、PCオーディオの面白さに魅了されっぱなしの毎日でした。

念願のスピーカとアンプを鳴らしたとき、音の迫力と粒度の細かさにじーんとしましたよ。これからどうやってチューニングしようか?もう考えるだけで楽しかった。

2017.09には、同軸デジタルケーブルを導入。

なぜ同軸デジタルにしたのか?それはUSB由来のノイズが気になったためです。ただ、PCには通常、オプティカルの端子は付いているものもありますが、同軸デジタル端子はありません。

そのため、ONKYOのPCIeカードをPCに差し込み、PCとDACを接続したのでした。

USBより格段に音がクリアでシャープになり、気を良くした私はifi のSPDIF iPurifierを購入して、さらなる音の改善も進めました。実際、音の静寂感が増大し、音質がまた一皮むけました。

2017.10には、JPLAYを導入するのですが、お試し版を聴いて二日後には購入してしまったほど、もう後には戻れない音でした。

これまで同軸デジタルで聴いていたのですが、JPLAYで同軸デジタルを使う場合、DDCが必要になります。Singxer SU-1か、nano iOneか。迷うところですが、他にも欲しいものがあり、DDCの導入は先送りになり、同軸デジタルケーブルは押し入れ行きになってしまいしました・・。いつか復活させたいです。

LANケーブルや、電源ケーブルも変更してきましたが、どれも音が変わるのです。自分の中で都市伝説だった「ケーブルで音が変わる」は、本当だったのです(笑)

この音の変化に面白さを感じてしまった私は、ズブズブと沼に入っていくのです・・。

こだわり

「オーディオが趣味です」と話すと、大抵はキョトンとされます。

よーく分かります。なぜなら、私も数年前は同じ反応したと思いますから(笑)。

しかし、いったい何にそんなに惹かれるのか?

いくつか理由はあります。

1)擦り切れるほど聴いた曲が、新しい装置をソフトを変える度に違った音に変化する点。えっ!?バックでこんな音がなってたの?とか、新しい発見ができるところかなあ。お気に入りの曲に、新しい息を吹きかけ、汚れを取って綺麗に磨いていく。そんなところに喜びを感じるのです。

2)PCなどの装置を弄れる点。特にネットワークなどの若干複雑な設定は、接続して音が出た時は、何とも言えない安心感と喜びが味わえます。

3)アンプなどの装置、特に内部構造の精巧さ。メカニックな部分が好きです。見るだけで飽きません。

なので、音楽とPC好きにとって、面白くないわけがありません。

私にとっては、部屋に居ながらにして感動を味わえる趣味なのかなあと思います。

そして、大げさかもしれませんが、この感動が人生に少し潤いを与えてくれたような気がします。

これまで私にとって仕事が人生の大目的(仕事自体はかなり好きなほうです。)でしたが、自分の時間を大切にできるようになったかなあと。何のために働いているのか、改めて考えさせてくれたきっかけにもなりました。

そんなこともあり、この趣味が仕事に間接的に少し役に立つことがありますが、その点はあまり嬉しくなく、むしろ完全に切り離したい気持ちもあったりします・・。

まだまだ、やりたいことがあります。時間とお金(かなり重要・・!)が許す限り邁進していきます!!

以上、「オーディオという趣味」でした。

ご覧いただき、ありがとうございました。