HQPlayerでDSD再生

普段はJPLAYで音楽を愉しんでいますが、たまに聴きたくなるのがHQPlayerです。

PCM再生はJPLAYを聴いた後では平面的に聴こえてしまいますが、DSD再生はネイティブDSDでの再生が可能で、定位が良く、音が非常に滑らかです。

DSD音源は数えるほどしか持っておりませんが、その中でお気に入りはThe Bill Evans Trio「Another Time : The Hilversum Concert」のDSD音源です。

Live音源で、ベースの音が生々しく、楽器の強弱や遠近感さえも伝わります。

2018年8月28日時点ではVer.3.23.0がリリースされています。

インストール方法

有料版ですが、試聴ができます。以下からインストーラをダウンローしてください。

https://www.signalyst.com/consumer.html

インストールはウィザードにしたがって行ってください。

DSD再生

1.画面左下のWindowsメニュー -> HQPlayer Desktop 3 -> HQPlayer Desktop 3をクリックします。

HQPlayerが開きます。

2.File -> Libraryをクリックします。

3.Scan Treeをクリックして、再生したい音源が入っているフォルダを選択して、OKをクリックします。

4.Libraryリストに音源が追加されます。

5.OKをクリックします。

6.File -> Settingsをクリックします。

7.Settingsは以下のように設定します。

・SDM Pack:DoP

・Buffer time:小さいほど音質は良いですが、DoPで再生できない場合は50 ms以上に変更することをおすすめします。

・SDM Default-Modulator:お使いのDACの設定に合わせて、お好みで設定。私はDSD5v2 256+fsを選択しています。

なお、Deviceはお使いのDACを選んでください。

8.File -> DSDIFF/DSF settingsをクリックします。

9.DirectSDMにチェックを入れた後、OKをクリックします。

10.曲のタイトルを選択して、再生ボタンをクリックします。

(正直なところ、プレイリストのユーザーインターフェースは分かりにくく、曲を探すのに苦労します。しかし、その分を音質でカバーしているといった感じです。)

再生が完了すると、私のDACでは「DSD 11.2MHz」が表示されます。(ぼけてしまいましたが。。)

とても透明感のある音で、私は気に入っています。

HQPlayer 4 Desktop ライセンス Windows版


高音質音楽プレイヤーソフト HQPlayer ライセンス Windows版