JPLAY FEMTO

JPLAY待望のバージョンアップ。遂にリリースされました。

今回発表された製品は、次の2つです。

・JPLAY FEMTO

・JPLAY Classic

FEMTOで大きく変わった仕様

まず着目すべきは、これまでのOpenhomeではなく、敢えてDLNA(Digital Living Network Alliance)が採用された点です。

また、メディアサーバーが内蔵された点も驚きです。

FemtoServerという自前サーバー。これまでMinimserverなどのメディアサーバーが推奨されていましたが、FEMTOでは必要がなくなりました。(もちろん、従来のメディアサーバーを使うという選択肢もあります。)

試聴

早速21日間の試聴期間があり、トライしてみました。

まずは、Single PC構成から。

JPLAY StreamerのDual構成さえも圧倒するクオリティーです。

個人的には、特に中域がよりクリアになった印象。

背景のノイズが一掃され、楽器やボーカルの輪郭が一層くっきりします。

JPLAY Streamerでこれ以上に向上する余地があるのかと思っていましたが、比較するとStreamerのほうが音が膨らんで聴こえます。Streamerも相当に音質が良いですが、どうしても比較するとそんな印象を持ってしまうほど、FEMTOは素晴らしいです。

他にも透明感を誇るソフトウェアはありますが、私がJPLAYを聴き続けているのは音離れの良さ、定位感が他の追随を許さない点にあります。

FEMTOでも、音の透明感が向上し、その上で音離れ、定位の良さは健在のクオリティーです。

この音質は、DLNAFemtoServerの連携だからこそ成せる技でありすべては高音質を優先させた結果というのは納得性が高いです。

正直なところ、新製品は購入する予定はなかったのですが、このまま購入することになるでしょう・・。(後日購入しました。)


Windows 10 Pro搭載 Apollo Lake世代の小型デスクトップパソコン LIVAZ-4/32-W10Pro(N3450)