LANターミネーター(自作)

先日の自作USBターミネーターの効果に気を良くした私は、LIVA Zという小型PCのLAN空きポートにもノイズ対策をしたいと考えていました。

関連記事>>>USBターミネーター(自作)

ちなみに、ACOUSTIC REVIVEさんから リリースされているLAN ターミネーターRLT1が評判が良いです。がしかし、、、残念ながら先立つものがありません・・。


【送料無料】 ACOUSTIC REVIVE LANターミネーター RLT-1[RLT1]


ACOUSTIC REVIVE LAN ターミネーター RLT1

そこで、元ソニーの方で有名な「かないまるさん」が考案したXターミネーター(LANターミネーター)を自作してみました。

用意するもの

私が用意したものは、以下のとおりです。

・LANケーブル(家に余っていた)

・抵抗1/4W 51Ω


<抵抗通販・販売><1/4W1% 51Ω 20本>抵抗:カーボン抵抗 カーボン抵抗<res-705>


1/4W1% 51Ω 20本入 抵抗:カーボン抵抗 カーボン抵抗<res-705>

・熱収縮チューブ


IMESETL 熱収縮チューブ シュリンクチューブ 508本セット 2~13mm 7サイズ 電気絶縁・難燃性・防水・耐久性 収納ケース付き ブラック

・はんだごて

・ヒートガン(もしあれば)

作りかた

作成の手順を説明します。なお、カッターやはんだごてなどを使用するため、怪我や火傷には十分気を付けてください

所要時間は、人によりますが初心者の私は50分ほどかかりました。慣れている方は、20分もかからないでしょう。

1.LANケーブルを10 cmほど残して切断します。(余ったケーブルとはいえ、勇気がいります(笑)。えいやーでやってしまいましょう!)

2.4~5cmの部分で被覆をむきます。(写真では、水色のチューブをむきました。)

2.橙、橙/白、緑、緑/白の4本だけ残して、他は切断します。その後に、カッターで1cmぐらいを被覆むきします。(線が細いので銅線も切りそうになりました・・。)

3.各線と抵抗をはんだ付けします。(不器用なので苦労しました・・。LANケーブルを大きめのクリップで固定して、動かないようにしたほうがいいかもしれません。)

4.抵抗を熱収縮チューブでかぶせて、ヒートガンをかけます。

5.4本の抵抗の先端をねじり、ペンチで圧着します。

6. 太めの熱収縮チューブでかぶせて、ヒートガンをかけます。

*収縮チューブは、熱いうちにペンチで圧着できます。

*詳しい仕様は、かないまるさんのホームページをご参照ください。

いやあ、見かけは不格好で安っぽいですね(笑)

効果

早速、試聴してみました。

ちなみに、同じものを2個作成しました。1つはAudio PCに、もう1つはControl Point PCに接続しました。

うーむ、確かに音がクリアになった気がします。ただ気のせいかもしれません。

念のため、2個外すと、音の奥が濁っています。付けなおすと静寂感が戻ります。やはり、効果アリです!

ちなみに、私がかかった費用は51Ωの抵抗のみ(50円でしたが、送料が200円かかりました。。)なのでコストパフォーマンスも高かったです

今後、ルーターの空きポートも取り付ける予定です。

初めは根気が必要ですが慣れてしまえば、お手軽にできるので、おすすめです!!

(追記)

テレガートナーのLanコネクターでターミネーター作ってみたいです。一層の静寂感なんだろうなあ。。


Telegartner (テレガートナー) MFP8 LANコネクター (RJ45, Cat.6A, T568B) [並行輸入品]

以上、「LANターミネーター(自作)」でした!