LANケーブルを新調しました。

先日の記事に書いたとおり、

現在のLANケーブルは

2本がJSPCのNOCX2(テレガートナー製の端子)で、

もう2本は汎用のLANケーブルです。

*NOCX2について詳しくは、以下をご覧ください。

今のシステムで見ると、汎用のLANケーブルを使っているのは赤枠の2本です。

既に光ケーブルを導入したことで、かなりのノイズを除去していますが、メタルLANケーブルを交換することでどれぐらい変わるか、気になっていました。

で、早速購入したのがコレです。

40cm

JSPCさんでは、長さも選ぶことができます。

UTPストレートケーブルです。

テレガートナーの端子部分が、カッコいいです。

変えた結果

導入後、若干ですが、音の輪郭がくっきり明瞭になり、低域の厚みが増しました

既に光アイソレーションしているから、正直なところ効果は格段に上がっていませんが、変えて良かったです。

何より気持ち的に、片方だけがオーディオ用というのが我慢できなかったので・・・。

ちなみに、お見苦しいですが、光ケーブル、LANケーブルの間はこんな感じです。

かなりぐちゃぐちゃしています。

どれとどれが接続されているのか、分からなくなるほどです(笑)

シール貼って、「NAS用」「PC2用」と区別するか・・。

どこかで整理したいなあと思ってます・・。

 


Telegartner (テレガートナー) MFP8 LANコネクター (RJ45, Cat.6A, T568B) [並行輸入品]


日本テレガートナー 100Mbps メディアコンバータ (マルチモード SC 1310nm 2km) CVT-100BTFC


日本テレガートナー 100Mbps メディアコンバータ (マルチモード SC 1310nm 2km) CVT-100BTFC

コメント

タイトルとURLをコピーしました