目次

オーディオ環境(2022/01/23時点)

2017年8月から本格的にオーディオを始めて以来、約4年半の月日が経ちました。

これまでスピーカーとアンプを除いては、いくつかの機器の導入や置き換えがあり、ここで現在のオーディオ環境をまとめてみました。

ざっくりとした環境は以下のとおりです。

少し画像が小さくて読みにくいですね・・。

なので、画像の左右を、入力側(左)と出力側(右)に分けてご紹介します。

入力側

*1:メタルLANケーブルでの接続の間に、メディアコンバーターを使用して光アイソレートを施しています。特にWifiやインターネットによるノイズの影響は大きいため、Roon PCの手前に設置しています。また、Roon Bridgeの手前にも設置し、DACなどのオーディオ装置へのノイズ流入を極力減らすようにしています。

 

システム導入の当初はFoobarやHQplayerなどの再生ソフトウェアをベースにした環境でしたが、現在はRoonで環境を作成しています。

RoonはCore,Bridge,Controlの構成です。

 

出力側

*2:Roon BridgeとDDCの間は、信号線のみのUSBケーブルで接続し、電源は良質な5Vを給電しています。

 

DDCとDACは以下のような遍歴です。

DDC

Gustard U16 -> Singxer SU-2

DAC

Denon 1600ne(DAC内蔵) -> Sabaj D5 -> Singxer SDA-2

 

DDCには外部クロックを接続しています。

 

プリメインアンプとスピーカーはオーディオ開始時から変更ありません。

特に不満はありませんが、アンプは特にこだわりもなく選定したものなので、別のアンプに変えた時の音の変化に興味があります。バイワイヤリング接続できる4Ωのプリアンプがないか探しているところです。

これからどう変えていくのか、考えただけで楽しいものがあります。

以上、「オーディオ環境(2022/01/23時点)」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました