ハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」(Hfplayerとの比較)

先日、スマホでハイレゾ再生できるアプリ「Hfplayer」をレビューしました。

その後に、少し気になっていた別のハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」を使ってみました。

今回は、この2つを比較したレビューをしていきます。

NePlayerとは?

radiusが開発したiPhone/Android対応のハイレゾ再生アプリです。

対応フォーマットは以下のとおりです。

・DSD(dsf.dff、1bit/11..2MHz)PCM変換再生
・FLAC(~32bit/~384kHz)
・WAV(~32bit/~384kHz)
・ALAC(~32bit/~384kHz)
・WMA(~16bit/~44.1kHz)
・MP3 / AAC / HE-AAC / Ogg(~16bit/~48kHz)

使い勝手

プレイリスト

NePLAYERでは、以下のようにアルバム、アーティスト別にリストできます。

hfplayerも同じです。

異なるのは、NePLAYERではサンプリングレート別に選べる点です。

たとえば、DSDだけ聴きたい人など、特定のフォーマットやレート別に選びたい人には便利です。

直接ダウンロード

どちらのアプリもハイレゾサイトからスマホに、購入した音源を直接ダウンロードが可能です。

しかし、Hfplayerはe-onkyoのみ可能です。

まあ、HfplayerはOnkyo製なので仕方ないと思いますが・・。

一方のNePLAYERは主要3サイトからの直接ダウンロードができます。

NePLAYERHfplayer
mora
e-onkyo
OTOTOY

ハイレゾビジュアライザー

NePLAYERには楽曲本来のサンプリングレート(下記「WAVE」)と、使用中のDACへ出力されるサンプリングレート(下記「Other」)の両方をビジュアライザーで表示することで、本来の音源が再現されているかを目視で確認できる機能があります。

Hfplayerにはありません。

安心感はありますが、個人的にはそれほど必要な機能ではないと思われました・・。

値段

Hfplayer:1,200円

NePLAYER:1,800円

Hfplayerのほうが600円安いです。

ただし、NePLAYERは「NePLAYER Lite」というフリー版アプリを購入した後に、課金でサンプリングレートごとに購入することができます。

音源課金
16bit/44.1kHzまで無料
24bit/48kHzまで360円
24bit/192kHzまで720円
32bit/384kHzまで1,800円
DSD音源480円

現在市場にリリースされている音源は、24bit/192kHzまでが多くを占めています。

とりあえずハイレゾ聞いてみたい。でもそんなにお金をかけたくない。」という方は、まず720円分を購入して聴いてみるのもアリかと思います。

音質

肝心の音質です。

結論から言うと、私はNePLAYERのほうが好みです。

Hfplayerは、「88.2kHz以上のコンテンツは44.1kHzまたは48kHzにダウンサンプリングされます。」とあり、192kHzの音源を再生出来ても実際はダウンサンプリングされています。

一方のNePLAYERは、そのままのレートで再生されるため、角が取れた滑らかな音で、音の広がりも感じます。

ただし、Android版はイコライザ機能が使えません。

Hfplayerは細かくイコライザを設定できる点で優秀で、ロックやクラシックなどジャンルごとの好みの音質に変えられます。

以上、「ハイレゾ再生アプリ「NePLAYER」(Hfplayerとの比較)」でした。


FIIO フィーオ ポータブルヘッドホンアンプ FIO-Q1MK2 [DAC機能対応 /ハイレゾ対応][FIOQ1MK2]


FiiO Q1 MarkⅡ FIO-Q1MK2