Sabaj D5 DAC(ES9038PRO)レビュー

Sabaj D5 DACを購入しました。

動機

2つあります。

1つ目:

以前購入したGustard U16があり、i2S(HDMI)のインターフェースが搭載されていました。
もともとDenon 1600neというDAC内蔵のプリメインアンプを使っていたのですが、Coaxialの場合はDSDが対応していません。

i2SならDSD512まで可能です。

2つ目:

Denon 1600neに内蔵しているDACでは物足りなかったからです。チップも何を使っているのか分かりませんし。

選定(TOPPING D70か悩む)

実はもともとTOPPING D70というDACを狙っていました。AK4497という旭化成のチップを搭載しており、i2S接続が可能なためです。これも素晴らしいDACです。


TOPPING D70 2*AK4497 DACネイティブ DSD512 PCM32bit768kHz 高解像度デコーダ リモコン付き (ブラック&リモコン)

もう一つの候補が、今回購入したものです。AK4497より新しい「ES9038PRO」を搭載しています。若干の値段に差があるのと、AES接続ができない点です。

i2Sが接続できれば、まあ今回は仕方がないか、、ということでSabaj D5に決定しました。

仕様

ビットサンプリングレート
USB/ I2S16bit/24bit/32bit/1bit(DSD)PCM: 44.1 ~ 768kHz DSD: DSD64 ~ DSD512
光ファイバ/同軸16bit/24bit/1bit44.1kHz/48kHz/88.2kHz/96kHz/176.4kHz/192kHz/DSD64(DoP)

開梱

ウレタンのケースに入っています。

同梱品は以下のとおりです。

  • 簡易説明書(中国語と英語のみ)
  • 電源ケーブル
  • リモコン
  • USBケーブル

接続

手こずりました。

PC –(USB)> Gustard U16 –(i2S)> Sabaj D5 –(RCAケーブル)> プリメインアンプ

上記のとおり、接続しました。

いちおう音は鳴るのですが、最初に出た音は高音が小さく、低音がぼこぼこします。

こんな不安がよぎります。。

なにこれ!?失敗したかも?

しばらく聞いていたところ、Phono端子がレコード用だったことに気づきました。

他に2つCDとNetwork用の端子があったので、CDの端子に接続したところ、きれいに音が鳴りました!!Networkも同様にOKでした。Didital->Analogの回路の違いでしょうか?迂闊でした。。とりあえず無事に鳴って一安心です。

音質

非常に繊細な音です。

同じCDからリッピングした音でもこうも違うものかと。

たとえば、エリッククラプトンのUnpluggedのギターの弦の音がより生々しく、力強く聴こえます。

背景の音も、まだこんなサウンドが隠れていたのかと驚きましたし、音の強弱(メリハリ)もよりはっきりしました。

空間表現力も素晴らしい。音の広がりも増しました。

また、DSDは温もりを持った穏やかな音色に変わります。

まとめると、繊細かつメリハリが出るDACです。

なお、改善してほしい点は、マニュアルの説明が足りない点です。

たとえば、i2Sのメニューにはいくつかの設定があるのですが、違いが分かりません。

こういうのを説明してくれると有難いですが。。

それ以外は、不満な点はありません。

約5万円で、この音が手に入るなんてコストパフォーマンスが良すぎます。

以上、「Sabaj D5レビュー」でした。


Sabaj D5 D/Aコンバーター ヘッドホンアンプ 一体型 最高性能 DAC チップ「ES9038PRO」内蔵 USB DAC