イヤホンのリケーブル(SHC-120FS)

私は外出用にxba-n3というイヤホンを使っています。

ケーブルはMUC-M12SM2(以下)というケーブルを使っていたのですが、断線して音が割れてしまったのでリケーブルすることにしました。

選定

リケーブルの選定条件は以下のとおりです。

  • MMCXプラグ
  • 3.5mmジャック

予算は1万円前後(MUC-M12SM2と同程度)です。冒険してみても良かったのですが、仕事は家でやることが多くなってしまい、通勤が大幅に減ってしまったので。

店頭で色々なケーブルを聴き比べをした結果、SAECのSHC-120FSというケーブルに決めました。

SAECは据え置きオーディオのケーブルでも定評があり、以前使用していたUSBケーブルも音質が良かった点も決め手となりました。

開梱・外観

外箱はとてもシンプルです。

ここにコストはかけてなく、中身で勝負といった印象です。

中身本体です。手作り感がありますが、丁寧に仕上がっています。

XBA-N3に装着したイメージです。

ケーブル先端は折り曲げられるので、耳掛けすることができます。

音質

音の粒立ちが良く、見通しが広がりました。

ただ一方で、低音が足りないせいか全体的にソフトに感じます。

これまで使っていたMUC-M12SM2のほうが重心が低く、バランスが良いです。

SHC-120FSは聴くジャンルを選ぶ印象を受けました。クラシックなどには向いているかもしれません。

以上、「イヤホンのリケーブル(SHC-120FS)」でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました