USBケーブルをノイズ対策する(電源線と信号線)

PCとUSB DACを接続するのに使うUSBケーブル。

USBケーブルは便利で万能ですが、オーディオとしては向かないと言われています。

理由はPCからのノイズが流入するためです。

では、一体どうしたらいいのでしょうか?

電源線と信号線

USBケーブルは電源線信号線で構成されており、細かくは次のように4本の銅線が作られています。

1)Vbus(最大5v/500mA)

2)D+:データ信号用

3)D-:データ信号用

4)GND

電源線が1),4)になり、、一方の信号線が2),3)になります。

この電源線があるおかげで、PCからスマホの充電ができたり、小型の扇風機を回したりできるのです。

日常では便利ですが、オーディオ用途としてはPCからの悪質な電源を信号線と一緒に乗せて走っているので、データに電源由来のノイズが影響してしまいます。

対策

対策の一つとして、電源線と信号線を分離してしまうことが挙げられます。

私が最近購入した、JSPC製のUSBケーブル UOC3-Rでは信号線のみのケーブルで、電源はケーブルに取り付けられたプラグから給電するタイプになります。

写真のように信号線のみのケーブルです。

プラグは2.5mmまたは2.1mmのどちらかを選べます。

電源はifi iPowerですが、通常のUSBケーブルに比べて、SN比が高く、情報量も多いです。

今回追加で、電源とUSBケーブルの間に、DCラインコンディショナー DLC10を接続しました。

驚いたことに、さらにノイズが低減されて一層クリアな音に変わりました。

DACに給電する電源さえも音質にかなりの影響を与えるようです。

写真右下の四角い箱がDCラインコンディショナー DLC10です。

ちなみにらせん状のものが、ケーブルインシュレーターHelca1です。

USBケーブルは音対策のボトルネックになっているので、効果は大きいです。

USBアイソレーターとの比較

私が使っているUSBアイソレーター「USB-029H2-RP」との比較ですが、ほぼ互角の音質だと思います。

UOC3-Rとifi iPowerの組み合わせでは、USB-029H2-RPのほうがクリアですが、iPowerにDCラインコンディショナー DLC10を装着した途端に音の滲みが消え見透しが格段に良くなりました。

敢えて言うなら、「USB-029H2-RP」はややハイ上がりですが、爽快感は上です。

一方、UOC3-Rのほうが耳に入る情報量が多く、粒立ちが良い気がします。

ちなみに、両方同時には使えませんでした。DACが認識しませんでした・・・。

以上、「USBケーブルをノイズ対策する(電源線と信号線)」でした。


iPower(12V) アイファイ・オーディオ DC電源アダプター(ACアダプター/12V) iFi-Audio


iPower(12V) アイファイ・オーディオ DC電源アダプター(ACアダプター/12V) iFi-Audio