ファイル形式変換ソフト:dBpoweramp Music Converter

なぜファイル形式を変換するのか?

人によって、理由はそれぞれですが、以下は私の場合の話になります。

私が所有している音源のファイル形式は、主にwav、flac、m4aです。

HDDは2つ用意してあり、「保存用」と「聴く用」があります。

「保存用」にはwav、flac、m4aが存在していますが、「聴く用」にはほぼwavのみが格納されています。

なぜか?

それは、たとえばminimserverを使った場合、alacなどはwavにトランスコードが必要になります。

トランスコードを行う場合、毎回fffmpegなどが走り、PCに負荷がかかります。

トランスコードによる負荷を回避するため、あらかじめフォーマット変換したほうが良いのでは?負荷低減により、ノイズが抑えられるのでは?と考えたのが、その理由です。

ただし、デメリットもあります。

wavに変換するとタグの多くが失われるので、ライブラリーの管理が難しくなります。

また、wavは非圧縮のためHDDの容量がすぐ不足します・・。

そんなデメリットもありますが、私は少しでも拘りたいので、wavを選んでいます。

ちなみに、日本でリリースされているハイレゾの音源はほとんどflacな気がします。たまーに、wavがありますが、かなり珍しいです・・。

dBpoweramp Music Converter

ファイル形式の変換ソフトウェアについて、私はdBpoweramp Music Converterを使っています。

メモ:同じことが、Batch Converterでも出来ます。大量のデータを一括で変換するのに便利です。

使いかた

1.dBpoweramp > Music Converterをクリックします。

2.変換する対象のフォルダーを開きます。

3.変換する対象のファイルをすべて選びます。

メモ:Ctrl + Aキーを押すと、簡単に選択できます。

4.EncodingでWaveを選択すると、Bit Depth(ビット深度)とSample Rateが選べます。

5.Output Toで、Sigle Folderを選び、出力先のフォルダを選択します。

6.Convert >>をクリックします。

以上、「ファイル形式変換ソフト:dBpoweramp Music Converter」でした。


新バージョン登場 dBpoweramp R16.4 Windowsアップデート版


dBpoweramp R16.3 MAC OS X 最新版