[高音質]HQPlayerでネットワーク再生

HQPlayerは、高音質で知られる再生ソフトです。

普段使っているのですが、ずっと気になっていた機能がありました。

Network Audio Adapter(NAA)です。

思ったより簡単に設定できたので紹介します。

仕組み

音源管理などの処理はHQPlayerがインストールされているメインPCによって実行されます。

一方、処理されたデータは、サブPCであるNAAにネットワーク経由で非同期的にストリーミングされ、DACへ送られます。

つまり、これまで1台のPCで行ってきた処理を2台で行うことで負荷を分散しているわけです。

ちなみに、単体PCで768 kHzにアップコンバートすると、だいたいアルバム1枚ごとにソフトが落ちていましたが、今のところNAAを加えたことで落ちることはありません。

以下が、私の環境です。

なお、ドライバーはNAAのPCにインストールする必要があります。

接続のしかた

ここではWindows10(64bitマシン)での設定方法を説明します。

HQPlayerのバージョンは、3.25.6です。(2020.2.13時点)

バージョン4もやり方は同じです。

サブPC(NAA)

1.以下のサイトから.圧縮ファイルをダウンロードします。

Index of /bins/naa/windows/

2.手順1でダウンロードしたファイルをサブPCにコピーして、解凍します。

3.networkaudiod-xxx\x64に格納されているファイル(networkaudiod.exe)をダブルクリックします。

コマンドが起動したら成功です。

TIPS!

起動するたびに毎回networkaudiod.exeをダブルクリックするのは面倒です。

networkaudiod.exeのショートカットを作成して、スタートアップフォルダに格納してください。

Windowsと一緒に、自動起動してくれます。

4.DACまたはDDCに接続するためのドライバーをインストールします。

メインPC

1.HQPlayerを起動します。

2.FileメニューからSettingsを選びます。

3.それぞれ次を選びます。

Backend:Network Audio Adapter IPv6

Device:DACのドライバー

TIPS!

IPv6は通常、自動で割り当てられます。固定にする必要はありません。

DeviceにDACのドライバーが表示されない場合は、イーサネットのプロパティでTCP/IPv6にチェックが入っていることを確認してください。

リモコン

HQPDplayerというアプリを使います。

Androidのみの設定です。

PCからの場合、MusoAlchemy DesktopなどのアプリケーションからPCで遠隔操作も可能です。

1.GooglePlayから「HQPDplayer」を検索してインストールします。

2.SettingsHostをタップします。

3.メインPCのIPアドレスを入力します。

4.Syncing the HQPlayer Libraryをタップして、HQPlayerの楽曲ライブラリーと同期を取ります。

TIPS!

Connection to HQPlayer failed.Port 4321エラーが表示された場合、HQPlayerの設定「Allow Control from Network」が有効になっているか確認してください。

音質

単体PCに比べて、より音質のレベルが上がりました。

解像度が高く、よりシルキーな音に変化しました。

さらに、今まで奥に引っ込んでいた音が出てきました。耳タコだった曲も新鮮に聴こえます。

音の躍動感もJPLAYに近づいてきた感があります。

雑味がなく、非常に粒度の高い音です!

他のソフトを聴くと、少し曇ったように感じます。

これまでで一番クリアな再生ソフトです。

当面はHQPlayer + NAAを使うことになりそうです!

 

以上、「HQPlayerでネットワーク再生」でした。





コメント

タイトルとURLをコピーしました