ピュア電源ボックス PB-222レビュー

購入して半年以上になる電源ボックス クリプトンの「PB-222」。

PB-200の後継機です。

これまで家庭用の汎用電源タップを使っていましたが、足回りのノイズ対策が必要と考え、購入に至りました。

購入条件としては、

・コンセントが6口以上

・予算は3万円ぐらい

です。

仕様

コンセント松下製JIS規格
接地埋め込みダブルコンセント3(コンセント数6)
コンセント数6個
ACインレット仕様ロジウムメッキ仕上げ
デザインブラックパネル
サイズ80(H)×300(W)×126(D)mm
重量約2.4kg
付属品OFC電源ケーブル(PC-5)

特長

ノイズフィルター回路

これが最大の売りではないでしょうか。

トロイダルチョークコイルのノイズフィルター回路が搭載されており、家庭内の飛び込みノイズを効果的にシャットアウトしてくれます。

6個口のコンセント

私はNASやPC類の電源を使っているので、6個口のコンセントは非常に助かります。

なお、コンセントの差し込みはとても硬いです。

それだけノイズに強い作りと思われます。

ロジウムメッキのACインレット

ロジウムメッキ固有のキンつきは感じられません。

音出し

プリメインアンプの電源を、

・壁コン

・PB-222

につなぎ変えて比較試聴しました。

音はとてもクリーンです。澄んでいて、これまでの音が籠っていて、ざらつきがあったことが分かります。緻密さの向上は著しいです。

一方、壁コンからの直接の接続のほうが音にボリューム感があるような気がしました。

これについては、壁コンとPB-222の間の電源コードをZonotoneに変更したところ解消され、躍動感とクリアさが同時に向上しました。

予算は8,000円ほどオーバーしましたが、この品質には大変満足しています。

以上、「ピュア電源ボックス PB-222レビュー」でした。

ご覧いただき、ありがとうございました。


KRIPTON – PB-222【店頭受取対応商品】


クリプトン 2回路フィルター入りピュアー電源ボックスKRIPTON PB-222(クリプトン)