ポータブルアンプ:PHA-1Aレビュー

SonyのPHA-1Aは、私が2年以上前に購入したポタアンです。

動機

ポタアンに嵌りかけていたころで、当時5,000円ぐらいの中華製ポタアンを使っていたのですが、半年ほどで故障。これを機に買い替えをしようと、オーディオショップで試聴を繰り返していました。

主な仕様

対応サンプリング周波数/ビット数が、最大192kHz/24bitというのが、購入の大きな決め手です。

というのも、購入当時は最大で96khz/24bitが多かったですから。

電池の持ち時間も6時間だったので、私は3日に1回充電すれば十分でした。

発熱はそれほどありません。

対応機器PC,WM,Xperia,iPhone,iPad,iPod
周波数特性10-100kHz
対応インピーダンス8Ω-600Ω
最大出力約148mW+148mW(8Ω、10%ひずみ),約80mW+80mW(32Ω、1%ひずみ),約16.4mW+16.4mW(300Ω、10%ひずみ)
音声出力端子ステレオミニ音声端子
音声入力端子Digital(USB マイクロ B、USB Type A) DC in(USBマイクロ B)
電源DC3.7V:内蔵充電式リチウムイオン電池
電池持続時間約6時間
充電時間約3.5時間
外形寸法約幅62mmx高さ18.5mmx奥行109mm
質量約145g
対応サンプリング周波数/ビット数最大192kHz/24bit

音質はもちろん、シンプルなデザインも気に入っています。

昔からソニーのデザインは大好きです!!

音質

全体的に、透明度の高い音質が特色。

音場が広くなり、たとえばギターの弦は鮮やかに張り出します。低域は力強く、豊かな量感を維持しつつ、高域は澄んでいて音が伸びきります。

全体的に躍動感が出ます。

こんなに音がブーストするとは・・!

比較しては何ですが、今まで使っていた5千円クラスのポタアンとは音の広がりが比較になりません。

3万円以下で購入できる価格帯としては、かなりコストパフォーマンスが高いと思います。

GAINスイッチ

本機にはGAINスイッチが搭載されています。

通常はNormalにします。(XBA-N3のような高インピーダンスのイヤホンではNormalに設定して十分音が出ます。)

インピーダンスの低いイヤホンで聞くときや音が小さい場合に、HIGHにします。

私の構成

イヤホンはXBA-N3で、音の相性はとても良いです。

澄み渡る音場と、大音量でも割れない抜群の安定感です。

ちなみに、PC用スピーカーにも付けていましたが、PHA-1Aを間に入れることで音に力強さを与えてくれました。


【送料無料】 ソニー SONY 【ハイレゾ音源対応】カナル型イヤホン XBA-N3 Q[XBAN3Q]


ソニー SONY イヤホン ハイレゾ対応 カナル型 ケーブル着脱式 XBA-N3

次作に期待する点

音質はまったく問題ありません。

唯一の不満は、入力USB端子にType-Cが同梱されていない点です。

リリースから時間が経っているので仕方ありませんが、私の携帯がXperia XZでUSBがType-Cなので変換アダプターを使っています。このアダプター、意外と邪魔なんです。。

以上、「PHA-1Aレビュー」でした。


ソニー PHA-1A ポータブルヘッドホンアンプ


ソニー SONY ポータブルヘッドホンアンプ ハイレゾ対応 USBオーディオ対応 PHA-1A