Roonの導入

前から気になっていたRoon

先日、Black Fridayで3カ月1ドルで使用できるサービスがあったので、迷わず契約しました。

設定

インストールはWizardにしたがって進みます。

1.三線アイコン > 設定

2.音源のフォルダを指定します。

保存場所 > フォルダを追加

3.オーディオを選んで、ドライバまたは出力先のアプリを選びます。

4.ここからはお好みです。DSPの設定を行います。

スピーカーのアイコン > DSP

5.ここもお好みですが、私はヘッドルームマネジメントスピーカー設定を構成しました。

ゲインは好みに応じて、数値を調整します。私の環境では3が最適でした。

操作性

アーティスト別の画面。

非常に分かりやすく、選びやすいユーザーインターフェースです。

アーティストを選ぶと、アルバムが表示されます。

そしてRoonの特長の一つが、次のように似たアーティストを調べることができる点です。

「この人、このアルバムに参加してたんだ!」などの発見があって面白いです。

曲のキューには、シャッフル機能があります。

単なるシャッフル機能とは違います。

関連したアーティストの曲が自動で選曲されるので、聴いていて違和感なく聴き続けられます

普段は好きな曲だけを繰り返し聴いているので、NASに埋もれていた曲も「実は結構イイなあ」というのも出てきてレパートリーも増えてきます。

ストリーミングサービスのTIDALに加入すれば、この機能の恩恵を最大限に活かせるのではないでしょうか。

音質

気になる音質です。

個人的には単体では音が籠っているなと感じました。

DSPなどで調整が必要な部分だと思います。

私は出力先をHQplayerに設定することで、音の透明感は増しました。

ただ、HQplayer単体のほうが音はよりクリアです。

まとめ

音楽の新たな発見という点では、Roon以上のアプリはないです。

好きなアーティストが増えるというのは、オーディオの醍醐味の一つです。(個人的に音質向上と同じぐらい、その出会いを大切にしたいです。)

一方、音質と言う点ではこだわる方には物足りない気がします。

その点ではHQplayerとの連携が解消してくれますが、個人的にすべて解消してくれませんでした。

私としては、普段聞き流すときはRoonで。

じっくり聴き込みたいときはHQplayer単体で、という使い分けを考えています。

以上「Roonの導入」でした。

コメント

  1. pianori より:

    Roonの導入おめでとうございます。着々とオーディオに取り組まれてますね。同じHQPlayerユーザとしてRoonは気になるソフトです。私は新しいアーティストやアルバムを探すのにSpotifyを使っていますが、Roonはそれとはまた違った新たな発見ができそうですね。

    私事ですが、最近JSPC AudioのSSD給電ケーブルをもう一つ導入しました。電源は同社のリニア電源です。これでPCのシステム用SSDと音源用SSDの両方にJSPCのSSD給電ケーブルを使うことになりました。一つ目の導入の時ほどではありませんが、確かに音質向上したと思います。

    では、またの更新を楽しみにしております。

    pianori

    • msk より:

      pianoriさん
      コメントありがとうございます。
      システム用SSDと音源用SSDの両方に良質な5V給電を実現したのですね!
      やはり直接の給電は、音質向上に寄与するのですね。
      おおー、羨ましいです!
      私もいつか導入したいです。(その前に予算を確保しないと苦笑)
      貴重な情報ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました